知っておくと対策が出来るノロウイルス

サイトマップ

トップバナー

ノロウイルスの感染経路ー経口感染

ノロウイルス感染の知識を持つことはとても大 切です。 ノロウイルスに感染すると、恐ろしい症状がでることもあるので対策に 必要な知識をもちましょう。まず、ノロウイルスは家で一人でも感染すると、他人に二次感染 してしまうく感染症です。

ノロウイルスは感染力が高く、風邪の感染力とは比較になりません。 眼みえないウイルスはどこで感染するかわからりません。ノロウイルスがどのように感染するかというと、 まず経口感染です。経口感染とは口からノロウイルスが入って感染することです。 ノロウイルスが付着した食べ物を食べたり、汚染された飲料水を飲むと、食中毒に似た 感染が起こる、嘔吐や下痢などでも症状は激しくなります。

手洗い

二枚貝やカキからのノロウイルスの感染

二枚貝や生カキはウイルスが付いていることが多く、このような貝を食べて感染することが多くあります。「生カキでなければ大丈夫」と思う人が多いですが、火があまり通っていない状態で 食べてしまうと貝類で感染することが多いのです。 カキや貝類などからの感染は昔からデータが多く残っています。

マスクで予防
二次感染するケース

飲食店などでノロウイルスに感染した職員がカキを調理をしたり、配膳し たり感染した手で食材を扱って二次感染するケースも多くあります。 外食産業が当たり前の時代にこういった感染が恐ろしいですが、こういった危険性も知っておく 必要があります。

その2さわっただけで感染する接触感染

腹痛の女性

ノロウイルスに感染した人に接して自分も感染することが多くあります。 接触感染と呼ばれる感染経路です。ノロウイルスに感染した人 の肌、服、物などに触れ自分が感染してしまうのです。触 っただけでノロウイルスは感染し、手についたウイルスが口の中に侵 入したり、鼻から侵入します。

ノロウイルスの感染力は強いので、感染者に触れただけで、感染してしまうことも 多いので、身内は仕方ないとして、他人で感染者には絶対に触れない近づかないように しましょう。

飛まつ感染にも注意しましょう
空中にただようウイルス

さらに、飛び散ったノロウイルスで感染してしまう、飛まつ感染もあります。 患者の嘔吐物、下痢などでノロウイルスがお手洗いに飛び散っているので、それ らが何かしらのキッカケで体内に侵入して感染します。 そして嘔吐物は、正しく処理しないと処理した人間まで感染するので注意が必要です。

詳しい処理方法は別に説明しますが、飛まつ感染の多くは上記のように、ノロウイル スに感染した人の嘔吐、下痢などを処理したときに自分に付着することで起こりますので、 接触感染と同じように注意しましょう。 処理する立場でないのなら、ノロウイルスに感染した人には絶対に近づかない こと、清潔を保つようにします。また、こまめな手洗い最低限しましょう。 これだけで予防できるわけではないですが、最低限の手洗いだけは欠かさないようにしましょう。 すし屋さんが何か作業をするたびに手を洗っていますが、あのような感じです。


http://osaka-mens-datsumo.com/


その2集団感染と予防法

ノロウイルスの集団感染は始めの患者が経口感染で発症し接触感染、飛まつ感染で拡大するのが一般的です。 感染力の強さによってノロウイルス感染者が爆発的に増加するので、ノロウイ ルス感染者が出た際は集団感染や二次感染の拡大を防止するため、周囲の人の正しい対処が重要です。

ノロウイルスの集団感染を止めるには、まず手洗いが大切です。 さまざまな病気の予防法として手洗いが奨励されていますが、ノロウイルスも同様に、手 洗いが一番の基本です。

何かに触ったら手洗いを
手洗いでさっぱり

食事前、お手洗い後、調理前、調理後も、手洗いを行ってください。 流水の手洗いですが、石鹸を使って洗い残しがないように丁寧に洗いましょう。とにかく 何かに触れた後は、きっちりと手を洗うことを徹底しましょう。

そして、感染者がいる場所では、タオルを共同で使用すると感染者のノロウイルスが他人に 感染してしまうので、避けるようにしましょう。 トイレにあるタオルなどで、みんなが手を拭くのがNGです。 タオル以外にもコップやお皿、箸、など個人的に利用するものも同じです。触る必要があるのであれば、 マスクを着用の上、ゴム手袋なども着用するようにします。 感染力の高いノロウイルスに対しては、患者が使ったものをそのまま、他の人が使用することは ご法度です。特に人のものを触らなければならない仕事の人は、何か あったら常に手を消毒しましょう。消毒剤を購入して、一つの行動に対して、一回消毒剤を 振るくらいの対応でちょうどよいです。 ノロウイルスの感染力の高さと症状の重さはかなり高いので慎重になる必要があります。

その4お子様は特に注意を!

子供の場合は特に、学校でノロウイルスに感染しないよう家庭でも学校でも手洗いを行なわせましょう。ただの手 洗いでなく「厳重な手洗い」です。 さらに、手洗い石鹸のみ ではなく、消毒液を使うようにしましょう。それでも、ノロウイルスに感染したら医者が設定する日数、学校を休ませる必要があります。 感染力が非常に強いノロウイルスなので、他人に移さないための措置です。家でもなるべく一室に隔離する必要があります。お子様を隔離するのは可哀そうですが、ノロウイルスの感染予防には 仕方ないことです。

特に子供は免疫力が低く、ノロウイルスの症状も重度になるケースが多いので、とにか く感染しないよう、しっかりと手洗いする習慣を身につけさせましょう。

少しでも症状が出たら早期対策
咳き込み

感染を少しでも予防、二次感染を防ぐには、ノロウイルス感染がはやっている ときは、病名が診断されずとも、嘔吐物や下痢があるなら、 ノロウイルスの危険性を考えることが必要です。 家で子供がもどした、 下痢をしたら、感染と二次感染をすぐに意識するようにしましょう。

「おなかをこわしたのかな?」「風邪をひいたかな?」と軽く考えず、「ノロウイルス に感染したかも」と考え、早めの二次感染の早期対策をとりましょう。 さらに、下痢や嘔吐物の処理にも 注意がいります。単なる風邪などの下痢や嘔吐物とは全く違うのです。 一度感染すると隔離も必要で、症状も重症になることもあり、感染力もとても強いウイルスなのです。 それでは実際の処理方法を見てみましょう。拡大しはじめると一日でものすごい人数に感染するので、 予防がもっとも大事ですが、感染したらそれを極力広げないようにします。 感染した人は基本的に隔離します。二次被害がでて拡大することを考慮すると、隔離という対策は絶対です。一つの家に住んでいる場合は、一番端と端の部屋に人を分けるなどの対策が必要です。 共同で触れたりするものなども完全に分けましょう。

その5二次感染・集団感染を防ぐ基礎意識

トイレで嘔吐物の処理する時に、ノロウイルスが飛んで二次感染の可能性があるので、その後の、 トイレの使用は控えましょう。 さらに、嘔吐物や下痢便の処理、片づけ、清掃は高齢者にさせてはなりません。 抵抗力が 強い大人が行うようにします。トイレを放置すると感染が広がるので、発見したらすぐに 、清掃を行いましょう。

処理する人はマスクと手袋を着用しますが、使い捨てを使いましょう。清 掃方法は、ぞうきんやシートで拭き取るようにします。 拭き取ったものは、その ままゴミ箱に捨ててないようにし、一度袋に入れて密封してから捨てるようにします。

消毒が必要
消毒

さらに、薄めた塩素系消毒剤を使い、便器や床、壁を消毒する必要があります。ノ ロウイルスの感染者が使ったトイレはその都度に消毒を行うようにしましょう。 家に2つトイレがある場合は、ノロウイルスに感染してない人とトイレを分けましょう。 子供が嘔吐し洋服に付着したり、下痢をして下着を汚すことがありますが、こういった場合も処理が必要です。

衣類は最初に、水洗いしてから塩素系漂白剤で消毒するようにします。 さらに、衣類を洗濯した後に洗濯機の中の消毒も行います。集団感染の根元としてこういった衣類 を複数の人が使用する共同の水道で洗浄することもあります。 そこで手を洗った方が二次感染を引き起こすのです。 このようにどこから感染するかわからないノロウイルスには、敏感すぎるほどの対策が 必要なのです。お子様の場合は特に感染が広まりやすく、症状も悪化しやすいので特に注意が必要なのです。 小さな子供は症状がひどくなって後遺症になるケースもありますし、逆にまた大人が子供の病気にかかると さらにひどい症状になることもあります。

その6ノロウイルスの症状が重度のケース

重度な症状になると、かなりの下痢や嘔吐に襲われ食べることや飲むことすら難しくなります。 何を口にいれてもすぐ吐き出したり、下痢になるので、いつも体内から水分が 排出された状態になります。何日も食事が取れないのでやせこけてしまう人も多いです。 体重も減ってしまいり、お腹も引っ込んで飲み物もほぼ飲めず、脱水症状を起こす人も多いです。

下痢が続くと体内の悪い物質がなくなると思う人もいますが、下痢や嘔吐が続くと 体力がなくなってしまい、動くことも難かしくなります。 こういった重度のケースは病院で点滴をうってもらわなけれいけません。 が、これはあくまで応急処置です。病院で点滴を打てば安心だと考える人もいますが、それは勘違いです。

ノロウイルスに対する薬
薬イメージ

これまで、ノロウイルスの感染について説明してきましたが、この強力な感染力をもつ ノロウイルス、感染した際、治療法はどういったものでしょうか。 実はノロウイルスの感染を退治する決定的な薬は存在しません。

普通のウイルスだと、何かしら抗ウイルス剤がありますが、ノロウイルスはありません。 インフルエンザでも、ちゃんとした薬が存在するのに、ノロウイルスにはないのです。 このように強力なウイルスなので、今後の医療 の発展で、ノロウイルス感染者用の薬が開発されて欲しいものです。一旦感染すると二次被害にも多く繋がることもあるノロウイルス が早くこの世からなくなればよいですよね。ここまでご紹介したノロウイルス感染の知識が お役に立てれば幸いです。