ノロウイルスは集団感染に繋がる

サイトマップ

トップバナー

集団感染

保険が適用ではない

ノロウイルスの検査は保険適用がないので簡単な検査でも数千円が必要です。さらに、精密検査では数万円必要なので、気軽に受けられない検査なので、避けられるなら検査を受けたくはないですよね。なので、ノロウイルスの症状があったとしても、診察を受けたり精密検査を受けたりする人は少ないのです。

インフルエンザなどと違い、簡単な検査でははっきりノロウイルスとわからないケース も多く検査結果に疑問を感じる人も多くいます。ただできるだけ正確にノロウイルスかどうか 検査してもらうには精密検査が必要です。

職場管理上かなり重たい問題

病院に勤務している人や、老人施設の従業員、給食を調理する人は、ウイルス感染は職場管理上、かなり重たい問題となります。報道でも時々、取り上げられていることだけど、こういった施設に感染者が存在し、集団感染を起こしてしまったケースも存在します。なので、こういった施設に勤務している従業員は、普通の患者と異なり、ウイルスに感染しているか、いないのか、検査を行わなければなりません。

検査が行われていないと、調理従事者から施設内にいる方へ、集団感染してしまう場合も考えられるので、かなり気を使う必要があります。

症状を緩和するしかない

退治するの薬剤が存在しないので、現在の症状を緩和するしか治療法が存在しません。吐き気には胃薬に似たものを処方されるケースもあるでしょう。食べ物を食べなくても使用できる胃薬が処方されるので、ご飯が食べれないときでも服用が可能となります。

吐き気止めの薬品ですが、眠くなる副作用が強いものもあるので、お仕事で運転や機械作業をする人は先生に話すことが大切となります。乳幼児、高齢者に対しては、下痢嘔吐で脱水症状を引き起こすので、水分補給が必要不可欠となります。更に、体力減少するので、栄養補給が大切となります。

尿酸値
スポーツドリンク

また、脱水症状が侵攻したときは、点滴での対処も、効果的です。家での脱水症状の改善には、スポーツドリンクを服用することをオススメします。下痢、嘔吐で、体内から塩分とカリウムが排出されるので、電解質を摂取するためスポーツドリンクがもっとも効果的です。大量に飲むとすぐに嘔吐するので、少量ずつ、口に含ませてゆっくりと胃に送らなければなりません。

更に、下痢を停止させるために、下痢止め薬を使用しないこともノロウ イルスの治療法です。下痢が停止すると、ウイルスが体内に留まるので、下痢の治 療は行なわず、そのままの状態を保ちます。出るだけ出すというもので、下痢は全部のウイル スを排出するまで耐えなければなりません。ノロウイルスは、時に「おなかの風邪」と診断さ れるケースもあります。風邪とはいっても相当症状はひどいので、絶対に油断は禁物です。 会社を数日休むハメになりますので、病院に早めに行きましょう。

ノロウイルス感染の知識を身につけよう!