消毒によって感染を防げるノロウイルス

サイトマップ

トップバナー

ノロウイルスの消毒

ウイルス対策

テレビで報道されるように、ノロウイルスはその感染力の強力さから、冬季には猛威を見せます。学 校や施設では、消毒方法や対処方法が間違っていると、集団感染を引き起こすので、集団生活をしてい る方はウイルス対策が特に必要不可欠となります。

さらに、そういった施設の従業員も、ウイルス消毒をしないと二次感染の 根元となります。一般的なウイルスで、ノロウイルスは特に消毒に対し抵抗力があるので、普通のウイルス対 策より入念に行うことが必要です。最初は、一般に販売されている次亜塩素酸ナトリウムを使って 消毒する方法を書いていきます。

次亜塩素酸ナトリウム液

こういった菌の消毒は、エタノールという印象が強いですが、一般家庭にあ るハイターでも十分な効果があります。ハイターで殺菌作用がある 次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が5パーセントほどです。家庭で薄め消毒液として使う時は、ペットボ トルの500ミリリットルを使用するとよいです。

ハイターの原液をペットボトルの蓋に入れると、5ミリリットルなので、蓋に原液を二杯投入して 水を入れます。こうすれば、約1000ppmの消毒用の次亜塩素酸ナトリウム液が手軽に作れます。

消毒液が作成

ハイター

作成した1000ppmの消毒液を5倍に薄めると、手軽に約200ppmの消毒液が作成されるので、覚えて、やってみてください。次亜塩素酸ナトリウムと言っても、名前がわかりにくいと思いますが、一般的にハイターや、カビキラーも次亜塩素酸といえます。更に、お掃除洗剤のドメストや、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒液であるミルトンも、次亜塩素酸ナトリウムなのです。

なので、こういった商品が存在したら、どれでも代用が可能となるので頭に入れるといいでしょう。 市販の消毒液の代用として、すぐ使用可能、キッチン泡ハイターは、調理器具のみではなく、ノロウイルスの感染予防に広く使用が可能で、希釈も入らず使用が可能なので重宝出来るはずです。そして、この方法で作成した消毒液は、嘔吐物がついてしまったものを消毒する時にも活躍します。

ポイントイラスト次亜塩素酸ナトリウムの液を使用し消毒
洗濯

ロウイルスの代表的な症状として、嘔吐が一般的ですが、嘔吐する時、子供はお手洗いまで間に合わない場合があるでしょう。そして、いきなり、リビングにいてはいてしまう場合もあるでしょう。大人はお手洗いまで自分の足で行けると思いますが、幼児だったら、ところ構わずはいてしまうので、服についたり、布団についたり、カーペットに吐いたりする場合が多いと思います。

ついてしまったものは、ウイルスを除去し、二次感染を予防するために、次亜塩素酸ナトリウムの液を使用し消 毒を行います。嘔吐物のみではなく、下痢便などで汚染された下着も、同様に消毒しな ければなりません。とにかく触れた物はすべて消毒する、といった徹底した行動が必要です。感染力の高い ウイルスですので、徹底的に処理しましょう。

ノロウイルス感染の知識を身につけよう!